読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大船駅北口の再開発は2年遅れだが権利変換計画の認可が下り再開発は着実に進む。

▼神奈川新聞15面 2016年7月28日

 

大船駅北口

再開発完成20年度に

 東急不動産 建設費高騰で見直し

 東急不動産(東京都港区)は、横浜市鎌倉市にまた
がるJR大船駅の北ロ(笠間口)で行う再開発計画で、
横浜市から権利変換計画の認可を受けたと発表した。
同社を含む15者でつくる再開発組合は建設費高騰に伴
い、費用面を中心に計画見直しを進めていたといい、
完成は当初の2018年度から20年度にずれ込む見通
しとなった。
 横浜市によると、再開発全体の総事業費は当初想
定の約250億円から約300億円に増加した。約1
・7㌶の敷地に高層マンションや商業施設のほか、駅
前広場(約5900平方㍍)や約1600台収容の
駐輪場を整備する事業計画=イメージ=については、
建物や広場などの規模に大きな変更はないとしてい
る。
 高層マンションは地上5~21階(高さ約75㍍)部分
に入り、253戸が入る予定。3LDK中心の間取り
で、販売開始は18年3月を目指している。マンション
に併設する商業施設棟は、地下1階~地上4階部分に
店舗などが入居、5~8階部分を駐車場とする。マン
ション、商業施設棟とも17年初頭に着工、20年12月の
完成を見込む。
 2階部分に設けるペデストリアンデッキで駅とマン
ション、商業施設を直結する。東急不動産担当者は「駅
徒歩1分の立地に商業施設付帯型のマンションを設け
ることで、入居者や近隣住民に高い利便性を提供した
い」と話している。
                (鈴木 美帆子)
▼平成27年2月6日 横浜市都市整備局市街地整備推進課
の記者発表資料から

f:id:okapi3:20160728160704g:plain

f:id:okapi3:20160728160733g:plain

2016年 普通交付税不交付団体の全部をグーグルマップに落としてみました。

2016年度の財政力指数1以上の市町村を
グーグルマップに落としてみました。
愛知県、東京都、神奈川県、千葉県に
集中しています。

www.google.com

普通交付税不交付団体の中には原発立地所在地が結構あると
フェイスブックでコメントいただいたので、それも添えてみました。

www.google.com

全国の都道府県、政令指定都市、市町村の財政力指数、特に1以上の自治体を総務省が発表しました。

 昨日、7月26日に総務省が2016年度(平成28年度)の全国自治体における
財政力指数が1以上の自治体を発表しました。

 財政力指数が1以上の自治体は昨年は59団体でしたが、今年度は77団体と
増加しました。神奈川県内の33市町村では昨年は5団体でしたが、今年は8団体と増加しました。これら自治体は普通交付税不交付団体となり、国からの援助なしです。
 鎌倉市の単年度の財政力指数は1.087です。若干の上昇傾向にあります。

f:id:okapi3:20160727012707g:plain

総務省のホームページから

f:id:okapi3:20160727012749g:plain

総務省のホームページから

f:id:okapi3:20160727012930g:plain

▼神奈川県内での不交付団体の分布状況(独自作成)

f:id:okapi3:20160727012950g:plain

 

連合が推薦した全国比例区12名の当落と組織人員に対する得票率

 6年前の 第22回参議院選挙全国比例の連合推薦候補者は、11名が当選しましたが、
今回の第24回参議院選挙全国比例の連合推薦候補者は、8名が当選しました。

f:id:okapi3:20160721022040g:plain

 下の結果は6年前の第22回参議院選挙連合推薦候補者の当選者11名の結果
で、当時の組織人員の変動が見られます。

 

f:id:okapi3:20160721023646g:plain

北鎌倉隧道の保存について朝日新聞編集委員・宮代栄一さんが記事を掲載しています。

 先の6月議会で鎌倉市議会でもこの問題に対する「意見書」「決議」が全会一致及び多数により採択されていますが、その後の経緯や文化財専門委の判断などが記事になっています。

 私は景観の保全という立場から残してほしいと思っています。議会はボールを
市長に打ち返し、市文化財専門委は結論を出し、再びボールを松尾市長へ打ち返しました。松尾市長の決断にかかっています。

 よりよい方向へ舵を切っていただければと思っています。

 

   朝日新聞夕刊3面 2016年7月20日 Web版

 鎌倉の尾根にある隧道「保存を」

 市文化財専門委、歴史的価値を評価

 鎌倉時代の絵図に描かれ、鎌倉五山第二位の円覚寺国史跡)の内外を区切る境界だった、神奈川県鎌倉市の小さな尾根。安全確保を理由に開削工事が進められ、それに対する反対運動も起きているこの尾根について、市の文化財専門委員会は「歴史的な価値が高く、保存すべきだ」との意見を出した。

 JR北鎌倉駅北にある尾根には昭和初期にうがたれた手掘りのトンネル(北鎌倉隧道〈ずいどう〉)があり、近隣の通学路になっていたが、内部に亀裂が確認されたため、市は昨年、通行を禁止。トンネルを含めた尾根の先端を切り崩すことを決め、今年4月から工事に着手していた(現在は休止中)。

 今月8日にあった文化財専門委(会長は河野眞知郎・元鶴見大教授)では、出席した7人の委員全員が「問題の尾根は円覚寺の境界として鎌倉期から機能しており、歴史的価値について疑問はない」との点で一致。「今後はむしろ、史跡への追加指定を目指すべきだ」との見解が示された。

 これまで市文化財部は尾根について、「明治時代の横須賀線の開通時に先端が削られた可能性が高く、文化財としての価値は損なわれている」として開削工事を進めてきたが、文化財専門委は「尾根の先端がどの程度削られたかは判断しづらい」としながらも、「そのことで尾根の本質的な価値は損なわれていない」と判断を下した。

 市は、ユネスコの諮問機関から「不記載(不登録)」とされた鎌倉時代の寺社や遺構群の世界文化遺産登録への再挑戦を目指し、現在、「武家の古都・鎌倉」に代わる新しいコンセプトの練り直しを行っている。

 問題の尾根の開削をとりやめるかどうかは、今後、市長の決断に委ねられる。

 しかし、世界遺産の重要な構成資産の一つになると思われる円覚寺の成立にかかわる歴史的な尾根を、このタイミングで破壊することにどんな益があるのだろう。文化財保全と住民の安全確保を両立する代案の創出に、ここはぜひ頭をひねってほしい。

編集委員・宮代栄一)

 

鎌倉の尾根にある隧道「保存を」 市文化財専門委、歴史的価値を評価:朝日新聞デジタル

 

 

 

2016年7月10日執行の「参議院選挙」分析(1)

 

 

先の参議院選挙結果の分析を続けています。
下の日経新聞が出したデータ分析もためになります。

全体分析から個別分析までやっておかないと次の手が打てないと
思っています。

改憲勢力は?10代投票先は? 参院選データ分析:日本経済新聞


 民進党は今度の選挙では野党と共同+市民との共同で
選挙を戦い、それが民進党を復調過程に押し上げましたが、まだ先行き
不透明です。今後も野党共闘+市民との共同で選挙戦を戦うという
スタイルが続くと思います。
 なによりも明日の日本や明日の社会に暗い影を落としている現状の
打破を行う必要があると考えます。反転攻勢の推進力が今回の選挙協力
であったとは言え、推進力がまだ弱い、不十分と思っています。
                                                                                             (日経新聞のWebから↓引用)
 f:id:okapi3:20160720202313j:plain

  結果に対する一定の分析がなされなければ、未来を切り開いて
いけないと考えています。(続く)

 

神奈川県第四区の政党別参議院選得票数(2016年7月10日投開票)のグラフ化

 参議院選挙が終わり、私が推薦した候補者二人が共に敗退したので、
そのショックからすぐには立ち直れないでいました。党の合併後に
四人が定数の神奈川県で二人の候補者を出すというので民進党の二人とも
敗退するとの危機感があり、なんとか民進党で一人はとらないと
笑われるので、それだけは避けたいとの思いで頑張ってきました。
 予想に反してというと語弊がありますが、ニュースキャスターの
真山さんが言論界の言論自粛に対する危機感を反映して3位で滑り込みました。
 でも、神奈川県では野党共闘しても政権政党に1勝3敗でしたから
痛い成績でした。
 四区の中では神奈川県全体の傾向とは異なり、いくつかの特徴が見られました。
敗因の分析と今後の課題を整理しながら、来たるべき衆議院選に備えなければ
ならないと思っています。

f:id:okapi3:20160718231013g:plain